ちょっと昔のなつかしい話。とおやつの紅茶クッキー

紅茶のクッキー

一番上の子どもが幼稚園に通っていた時の話。
子育ての日記をたまに母子手帳なんかの白い余白のページに書いていたのだけれど、最近たまたま母子手帳を開くことがありました。
そこへ「子どもにえんじ色がカタカナでいったら何色か聞かれて困った」という内容の殴り書きを発見。
次には「今度はえんじ色が英語で言ったら何色か聞かれた」というくだりがあり、これは普通にわからず返事ができなかったと、くやしそうな字体で書いてあった。

我ながらなんじゃそりゃ、て感じだったけど、その当時は一生懸命だったのだろう、となんだかなつかしいような気分。

さて、写真はおやつのクッキー。
紅茶のティーバックをそのまま混ぜ込んで。